2010年〜2013年のベルギー滞在中には色々な事を学ばせていただきましたが、その中のひとつに 「古いものを大切にする」 という事があります。

幼少の頃から祖母の口癖でもあった「勿体ない」という言葉を耳にし育ちましたが、使い捨てが当たり前のようになっている今こそ、古い品を長く大切にする事が却って贅沢にも繋がるように思います。

ベ ルギー人のお宅にお邪魔しますと、何代も受け継いでいるという美しく重厚な家具や調度品がとても大切に使われていたり食器やカトラリー等もとても良い味わ いを感じます。特に、わたくしは手先が不器用ですので手作りの品に憧れ、心惹かれます。ブロカント大国ベルギーでは、ハンドメイドの美しいアンティークレースや 刺繍、bochの陶器等、少しずつコレクションするようになりました。そういう経緯があり、帰国し、好きが高じてこのようにショップを開くという事に至りました。

どのような品も、使い込まれ命が吹き込まれると、素敵な風合いが出て来ます。古い品を大切にする、ということは、作り手の心をずっと大切に受け止め受け継いでいく事にも繋がります。

1800年代の終わりから1900年代初頭作られた品々をひとつひとつ手にする度、わたくしの手元に来るまで大事に使い続けた方の慎ましやかな心が感じられ、そのような貴重な品を今、この時代に手にすることが出来るということに、とても不思議で温かなご縁を感じます。

ア ンティークの品は前に持っていた方の念が残っていそうで恐い、と、仰る方がいますが、先ず、目にした瞬間、気持ちが良く、心惹かれる品というものはご縁の ある品、と思いますし、品物も大切にしてくださる方と再び出逢えて喜んでいるように感じます。それが両想いになった瞬間、なのでしょうか。ですから、古物、 中古品選びは先ず、御自身の直観を信じる事が大事かと思います。ご縁のない品、相性の良くない品は、目にした瞬間、手にした瞬間、「あれ?」と違和感があ る筈です。

アンティーク品の浄化方法ですが、例えばリネンなど布でしたらすぐお洗濯をして午前中の日に干すことで、前に使っていた方の念が消え、新たな持ち主の品として馴染みます。洗って午前中の日に干す、洗えない品は、粗塩で清めて午前中の日にあててからお使いになると良いと思います。
太陽光で変色しやすい品は、満月の夜に月光浴をすると良いと思います。その際、お香の煙に品をくぐらせるのも良いですね。

ア ンティーク、ヴィンテージ品の感じ方は其々、価値観は違いますが、過去の何方かが大事に持っていて下さった御蔭で今、自分の手元にある、という奇跡に有難 く、贅沢さを感じます。その品の持つ念や正邪は別にして品物でも人でも、自分のもとに訪れるということは何かしらの「ご縁」があるからでしょうし、それが良い物で あるなら「良縁」を素直に歓迎し、喜びたいですね。
必要とする人のところへ必要なご縁は自然と巡って来るもの、と思いますから。
貴方様とご縁のあるお品が見つかりますように☆

Recommended

About the owner

星 マリア 

ようこそ!『Chez Maria』へ☆
この度、天然石&アンティ―ク雑貨好きが高じてショップをオープン
する運びとなりました。
当店では天然石各種&ベルギーや
フランスをはじめ、ヨーロッパにて日々の暮らしの中で使われていた
アンティ―ク雑貨やオリジナル
ハンドメイド作品等、手にされた際
ほっと笑顔になり幸せな気持ちに
なれるような商品をセレクトし、
お届け致します。
どうぞよろしくお願い致します。

☆営業日カレンダー☆
ピンク色の日は休業日となります。

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Blog